FC2ブログ

この身一つなれど、

角川文庫で出ている古め作品が収録されたアンソロジーから、吉備津の釜(日影丈吉)と私はだれでしょう(川辺豊三)を読んでみる。
日影丈吉はある程度の名があるからともかく、川辺豊三は結構珍しいと思う。
この作家を知ったのは、別の本の解説で中島河太郎が述べている一文からだったと記憶しているが、そのような作家は大勢いるため、この作家も気になる作家の一人ということになる。
今は別の本を読んでいる最中だが、短編だから気兼ねなく読むことができるのがアンソロジーのいいところ。

「吉備津の釜」は本格推理ではないが、資金繰りに悩む主人公がパトロンを紹介される前半と、戦前戦後の思い出を懐かしむ中盤を経て、急に謎が提示され瞬く間に解明されるという終盤からなるテンポの差が激しい作品。
この作者の本格推理物は「善の決算」を含めそれほど多くないため、本作もそれに類似した作風かと思いきや、思いのほかミステリーしていたので驚いた。
事件が発生して探偵が登場して捜査してという、推理小説特有のセオリーに本作はとらわれてはいないが、かといって推理小説という分野から遠ざかることなく遠目から尊重している。
こういう作風はお決まりのパターンがないため、奇妙な結末につなげるまでを思案するのはかなり難儀なのではないか。
ミステリーとしての技巧面だけでなく、小説を読ませるという技術という点でもいろいろと考えさせられる作品。

「私はだれでしょう」は、とある令嬢に宛てられた6枚の奇妙な手紙から端を欲するウェットに富む作風。
シチュエーションがかなり限定されるところがあるが、謎に迫る場面をじっくりと描写してくれたため、理解しやすいうえに本格推理としての配慮も忘れない作者には好感が持てる。
手紙の内容に嘘がある可能性を示す場面があるが、探偵役がそれを否定するという点も本格物としては重要である。
たとえその可能性を否定できなくても、肯定することを前提にしなければ謎の論理的解決には至らないだろう。
たとえ状況が特殊であっても、虚実がないことを根拠と共に説明し、実際に虚実がなければそれで問題はないのである。
第一、この手紙に虚偽の内容を示す理由がない。
結末が少し急ぎすぎたような印象もあったが、6枚目で唐突に手紙が途絶える理由も面白い。
ユーモアも行き過ぎれば悪趣味だが、本作はそれに当たらず小気味よい印象を残している。

最近の仕入れは以下。
自分用にデイリーキングの「空のオベリスト」が手に入ったのがうれしい。

タイタン ファイティング・ファンタジーの世界(M・ガスコイン編 )
連続殺人事件(ジョン・ディクスン・カー)
バハムート ラグーン(高城響)
時間と空間の冒険 SF名作コレクション(福島正実編)
ローウェル城の密室(小森健太朗)
シュロック・ホームズの回想(ロバート・L・フィッシュ)
ファイナル・セーラー・クエスト補完計画(火浦功)
探偵神宮寺三郎 Early days 疾走の街(蕪木統文)
悪夢街の殺人(篠田秀幸)
逆説的(鳥飼否宇)
納骨堂の多すぎた死体(エリス・ピーターズ)
双界儀(波多野鷹)

最近、「五等分の花嫁」という漫画、アニメの話題をよく目にする。
かなり人気があるらしく、主人公が結婚する相手は五人のうち誰なのかという、序盤で提示された作中最大の謎も読者をひきつける要因らしい。
ここで一つ予測してみる。

この五つ子は元々一人の人間であった。
しかし、胎児の時点で何らかの作用により五等分され、五つ子として生を受ける。
彼女らは五つ子として成長していくが、再び一人の人間にならなければならない時が来る。
五つ子はそれぞれ主人公を想う記憶を持ちながら融合して一人の人間となる。
つまり主人公は五つ子が融合した六番目のヒロインと結ばれることになる。
主人公のヒロインに対する想いと、ヒロインの主人公に対する想いを同じと見るならば、ヒロインの主人公への想いは五人分で5倍ということになる。
五人全員が落第寸前というのも、一人を五等分した副作用により異常なまでに頭が悪くなってしまったということだろう。

一人の胎児を分裂させるのはSFでもなければ無理な話だが、医者であればそれも可能(ということにしておく)。
もし、この五つ子の親なり知り合いなりに凄腕の医者がいれば、この予測も妙案になりうるかもしれない。

すべて丸く収める解決方法として、主人公をヒロインたちで分け合うという、主人公五等分エンドを望む声もちらほらあるらしい。
掲載されている雑誌が少年マガジンということもあり、「金田一少年の事件簿」でも使われたあの作家のデビュー作のトリックをネタとして引き合いに出す読者も一定の数いるとのこと。
そういうことであるなら、岡戸武平の「五体の積木」を個人的に推奨したいところであるが、あれではなんの解決にもならないということを肝に銘じておくべきだろう。

出版芸術社はイイネ

西條八十の「人喰いバラ」が復刊(?)するらしいのでめでたい。
以前カラサワコレクションで読んでいるが、いくつか短編も収録されるということなので、機会があれば読んでみたいところ。

横溝正史の「鬼火」(ふしぎ文学館)を自分用に購入する。
横溝作品は角川書店や春陽堂書店がほとんど出版しているだろうから、本書に収録された短編もそれほど珍しくないはずである。
しかし、このふしぎ文学館というレーベルはなぜか手に取ってしまう魅力がある。
なぜかは不明。

影を裁く日(高柳芳夫)
虹が消える(多岐川恭)
マン・プラス(フレデリック・ポール)
夢のアマルー(紀和鏡)
山名耕作の不思議な生活(横溝正史)
内宇宙への旅(倉阪鬼一郎)
ホット・ロック(ドナルド・E・ウエストレイク)
作戦NACL(光瀬龍)
血の色の喜劇(多岐川恭)
火吹山の魔法使い(S・ジャクソン I・リビングストン)
風花の里(佐々木丸美)
百万の太陽(福島正実)
タイム・リープ(高畑京一郎)
キャス王の陰謀(ジャック・ヴァンス)
フロントミッション 最前線報告(飯野文彦)
ガープス・サイオニクス(スティーブ・ジャクソン・ゲームズ)

ミステリマガジン

早川書房のミステリマガジンNo.479とNo.708があったから自分用に購入。
レアな作品を読めるならこういうものもいいなと。

No.479
A・バウチャー「空き部屋の死体」
No.708
G・K・チェスタトン「ドニントン事件 問題篇・解決篇」
アーネスト・ブラマ「ティリング・ショーの謎」
レオ・ブルース「ビーフのクリスマス」
H・C・ベイリー「おとなしい女」
ロバート・アーサー「エル・ドラドの不思議な切手」

バウチャーは知名度だけはあるくせに、作品自体を見かけることはほとんどない。
そもそも長編なり短編集なりが出ているのかさえも怪しいものだ。
「死体置き場ロケット」なる作品があることは知っているのがそれだけである。
H・H・ホームズというやばそうなペンネームでいくつかの作品を書いているが、宝石だとかEQMMに収録されたっきりなのだろ。
ミステリーの評論だけで食っていけたという稀有な人物だけに、気軽に読めないことが悔やまれる。

チェスタトンの「ドニントン事件」は集英社文庫のチェスタトンアンソロジーに収録されているため、それほど珍しくはない。
最近ではブラウン神父シリーズが新装版で出ているが、それをするならばもっとほかの作品を文庫化したほうがいいのではないかと思うが、それだけ古典的名作ということだろう。
実際そうなのだから仕方がない。

ブラマはマックス・カラドスの事件簿が創元推理文庫で出ている。
だが、創元推理文庫とミステリマガジンの出版社は異なるため、当然翻訳家も異なっているだろう。
同じ作品を全く別のタイトルで翻訳するということもありえる。
そういった事情もあるため一概には言えないが、「ティリング・ショーの謎」は初翻訳だろう。
うわーやったーい。

ブルースは三人の名探偵のための事件のみ既読済み。
本作はビーフ巡査部長を主人公とするシリーズの一編だろう。
ロープとリングの事件をジョン・ロードの見えない凶器と一緒に購入しているため、両作家はなんとなく似ている気がしてならない。
昔は土屋隆夫と都筑道夫も「つ」で始まる作家というだけで区別できずにいたので、今も昔も先入観や思い込みはなかなか厄介である。

ベイリーはフォーチュン氏を呼べで著名な作家。
手元には死者の靴しかないし、黄色いなめくじも読んでないが、目を引くには十分すぎる作家である。

ロバート・アーサーはガラスの橋や51番目の密室というビックタイトルの作者なだけに、読めるのがありがたい。
それ以外の作品は何一つ知らないので、おそらく一度も短編集として出版されたことはないのだろう。
そういうところはバウチャーと同じであるため、一冊にまとめてくれるときっと世間の注目を集めるに違いない。

入荷は以下。

サイレント・レイク(倉田悠子)
全開で飛ばせ(大藪春彦)
魔法の国が消えていく(ラリー・ニーヴン)
わすれられた惑星(マレイ・ラインスター)
華やかな野獣(横溝正史)
殺意のわらべ唄(風見潤)
キー・クラブ(カーター・ブラウン)
言の葉の樹(アーシュラ・K・ル=グウィン)
ミステリー映画を観よう(山口雅也)
世界をおれのポケットに(ハドリー・チェイス)
ついらくした月(ロバート・C・シェリフ)
薔薇色翠星歌劇団(宝野アリカ)

あとはタイガーファングがあれば

以前使っていた携帯電話のメモを調べてみたら、読んでみたい作品のリストがでてきた。
「野球殺人事件」とか「ぬえさつじんしんそう」(たぶん鵺殺人真相だと思う)とか「弓削検事の実験」とか、本当に存在するタイトルなのかわからないものが多い中、オノレ・ド・バルザック の「赤い部屋」が含まれており、なぜ読みたいと思ったのかはわからない。
そもそもバルザックに赤い部屋なる作品があるのかも不明。
調べてみてもヒットしないため、なにかの作品と勘違いしたのだろうか。
おぼろげながら「赤い~」というタイトルだったような気もするが。
赤い宿屋とかそんな感じだったような気もする。

最近、エドガー・ウォーレスの「J・G・リーダー氏の心」と「血染めの鍵」を自分用に購入。
あとホジスンの〈グレン・キャリグ号〉のボート(ナイトランド叢書)も購入。
血染めの鍵とかいうイカしたタイトルがスバラシイ!

最近の入荷は以下にす。

激走 福岡国際マラソン(鳥飼否宇)
黒い宇宙船(マレイ・ラインスター)
遙かよりくる飛行船(井辻朱美)
鏖殺の凶鳥(佐藤大輔)
華やかな荒野(福田洋)
次元パトロール(S・マーウィン・ジュニア)
ロスト・ワールド(コナン・ドイル)
ビルマの虎(梅本弘)
火蛾(古泉迦十)
金時計の秘密(ジョン・D・マクドナルド)
キャプテン・フューチャーの冒険(エドモンド・ハミルトン)
喧嘩道 鉄人編(阿木慎太郎)
液体インベーダー(R・M・ファーリー)
ロボットvs.人類 SFセレクション2
虚々実々(本所次郎)
雫石みちのく呪殺行(生田直親)
クリスマス殺人事件(ニコラス・ブレイク)
ぬすまれたタイムマシン(レイ・カミングス)
恋の予感はバラの香り(名木田恵子)

アントニーとかマイクルとかギルバートとか

入荷だけ載っけておいてそのままだった。
といっても特に書くことがないんで、最近思ったことをここでひとつ。

アントニー・ギルバートのつきまとう死(論創海外ミステリ)を自分用に購入する。
(いつものように)解説から目を通すと、
「この作者の作品はまだ2作品ほどしか翻訳されてないため、日本での知名度は高くはない」と(だいたいこんな感じのことが)書かれている。
おそらく紹介が遅れたか、翻訳の機会に恵まれなかったのだろう。

ここで疑問に思った。
いやいや、この作者の作品はそこそこ翻訳されているし、同じ論創海外ミステリでも刊行されているはずだと。
それ以外でも何度か文庫でも見かけているし、あいまいだが「十二夜殺人事件」みたいなタイトルの作品があったはずだと。

しかし、amazonで検索するとヒットするのは「黒い死」「薪小屋の秘密」ぐらいだ。
ん?これはおかしい、何か違っていると考え始めたとき、あることに気が付いた。
勘違いしていたのは、「アントニー・ギルバート」ではなく「マイクル・ギルバード」だったと。

マイクル・ギルバードはマイクル・Z・リューインと同じで、なんか手に取らなかったのよね。
それで「マイクル」の部分の印象が薄くて、ついでに「ギルバート」の部分も同じ印象を抱くようになってしまった。
その「ギルバート」が「アントニー・ギルバート」に飛び火して、勘違いの原因を生んでしまったということになる。

ではマイクル・ギルバードは手に取らないかと言われればそうでもなく、「大聖堂の殺人」の他、いくつかは読んでみたい。
作者やその内容はそれほど重要ではなく、論叢海外ミステリというレーベルから出版されたことに価値を見い出すタイプ。
作家買いならぬ、レーベル買いとい珍しい購入理由の誕生である。

いつものは以下に。

夜叉神山狐伝説(岩崎正吾)
間違いの悲劇(エラリー・クイーン)
レオーネが荒野を駆ける時(高齋正)
情炎の美姫(真下五一)
貸しボート13号(横溝正史)
殉教カテリナ車輪(飛鳥部勝則)
六本木心中(笹沢左保)
うたってよ、わたしのために(立原えりか)
三十六人の乗客(有馬頼義)
逆説探偵(鳥飼否宇)
鉄の門(マーガレット・ミラー)
戦艦ヒンデンブルグの最期(佐藤大輔)
ポンパドール侯爵夫人殺人事件(檜山良昭)
人くい鬼 モーリス(松尾由美)
シカゴの事件記者(ジョナサン・ラティマー)
ランサーがモンテを目指す時(高齋正)
フィレンツェの魔風(武上純希)
姫路城魔界殺人(高山洋治)
もっとも危険なゲーム(ギャビン・ライアル)
爆撃目標、伯林(佐藤大輔)
宇宙コマンド・魔球殺法(新宮正春)
龍神池の殺人(篠田秀幸)
二人の妻をもつ男(パトリック・クェンティン)
必殺!血の報復(阿木慎太郎)
平壌クーデター作戦(佐藤大輔)
三色の家(陳舜臣)
フリードリヒ大王最後の勝利(佐藤大輔)
バレエ物語(伊藤佐喜雄編)
呪の血脈(加門七海)

マイクルの印象は薄いと書いたけど、「マイクル・イネス」はいい印象しかないなー。
まだ「詩人への挽歌」しか手元にないけど。
もしかして、問題はマイクルではなく「ギルバート」だったのかもしれない。
プロフィール

throwruler

Author:throwruler
古書店Throw Ruler運営中。
ここでは主に入荷する本のリストをご紹介します。
専用ショッピングサイトの他、ヤフオクとamazonに出店中。
リンク先はページ下部をご参考に。

Throw Rulerってどういう意味なのと聞かれても、こっちがききたいくらいだぜ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる