FC2ブログ

この身一つなれど、

角川文庫で出ている古め作品が収録されたアンソロジーから、吉備津の釜(日影丈吉)と私はだれでしょう(川辺豊三)を読んでみる。
日影丈吉はある程度の名があるからともかく、川辺豊三は結構珍しいと思う。
この作家を知ったのは、別の本の解説で中島河太郎が述べている一文からだったと記憶しているが、そのような作家は大勢いるため、この作家も気になる作家の一人ということになる。
今は別の本を読んでいる最中だが、短編だから気兼ねなく読むことができるのがアンソロジーのいいところ。

「吉備津の釜」は本格推理ではないが、資金繰りに悩む主人公がパトロンを紹介される前半と、戦前戦後の思い出を懐かしむ中盤を経て、急に謎が提示され瞬く間に解明されるという終盤からなるテンポの差が激しい作品。
この作者の本格推理物は「善の決算」を含めそれほど多くないため、本作もそれに類似した作風かと思いきや、思いのほかミステリーしていたので驚いた。
事件が発生して探偵が登場して捜査してという、推理小説特有のセオリーに本作はとらわれてはいないが、かといって推理小説という分野から遠ざかることなく遠目から尊重している。
こういう作風はお決まりのパターンがないため、奇妙な結末につなげるまでを思案するのはかなり難儀なのではないか。
ミステリーとしての技巧面だけでなく、小説を読ませるという技術という点でもいろいろと考えさせられる作品。

「私はだれでしょう」は、とある令嬢に宛てられた6枚の奇妙な手紙から端を欲するウェットに富む作風。
シチュエーションがかなり限定されるところがあるが、謎に迫る場面をじっくりと描写してくれたため、理解しやすいうえに本格推理としての配慮も忘れない作者には好感が持てる。
手紙の内容に嘘がある可能性を示す場面があるが、探偵役がそれを否定するという点も本格物としては重要である。
たとえその可能性を否定できなくても、肯定することを前提にしなければ謎の論理的解決には至らないだろう。
たとえ状況が特殊であっても、虚実がないことを根拠と共に説明し、実際に虚実がなければそれで問題はないのである。
第一、この手紙に虚偽の内容を示す理由がない。
結末が少し急ぎすぎたような印象もあったが、6枚目で唐突に手紙が途絶える理由も面白い。
ユーモアも行き過ぎれば悪趣味だが、本作はそれに当たらず小気味よい印象を残している。

最近の仕入れは以下。
自分用にデイリーキングの「空のオベリスト」が手に入ったのがうれしい。

タイタン ファイティング・ファンタジーの世界(M・ガスコイン編 )
連続殺人事件(ジョン・ディクスン・カー)
バハムート ラグーン(高城響)
時間と空間の冒険 SF名作コレクション(福島正実編)
ローウェル城の密室(小森健太朗)
シュロック・ホームズの回想(ロバート・L・フィッシュ)
ファイナル・セーラー・クエスト補完計画(火浦功)
探偵神宮寺三郎 Early days 疾走の街(蕪木統文)
悪夢街の殺人(篠田秀幸)
逆説的(鳥飼否宇)
納骨堂の多すぎた死体(エリス・ピーターズ)
双界儀(波多野鷹)

最近、「五等分の花嫁」という漫画、アニメの話題をよく目にする。
かなり人気があるらしく、主人公が結婚する相手は五人のうち誰なのかという、序盤で提示された作中最大の謎も読者をひきつける要因らしい。
ここで一つ予測してみる。

この五つ子は元々一人の人間であった。
しかし、胎児の時点で何らかの作用により五等分され、五つ子として生を受ける。
彼女らは五つ子として成長していくが、再び一人の人間にならなければならない時が来る。
五つ子はそれぞれ主人公を想う記憶を持ちながら融合して一人の人間となる。
つまり主人公は五つ子が融合した六番目のヒロインと結ばれることになる。
主人公のヒロインに対する想いと、ヒロインの主人公に対する想いを同じと見るならば、ヒロインの主人公への想いは五人分で5倍ということになる。
五人全員が落第寸前というのも、一人を五等分した副作用により異常なまでに頭が悪くなってしまったということだろう。

一人の胎児を分裂させるのはSFでもなければ無理な話だが、医者であればそれも可能(ということにしておく)。
もし、この五つ子の親なり知り合いなりに凄腕の医者がいれば、この予測も妙案になりうるかもしれない。

すべて丸く収める解決方法として、主人公をヒロインたちで分け合うという、主人公五等分エンドを望む声もちらほらあるらしい。
掲載されている雑誌が少年マガジンということもあり、「金田一少年の事件簿」でも使われたあの作家のデビュー作のトリックをネタとして引き合いに出す読者も一定の数いるとのこと。
そういうことであるなら、岡戸武平の「五体の積木」を個人的に推奨したいところであるが、あれではなんの解決にもならないということを肝に銘じておくべきだろう。
スポンサーサイト



プロフィール

throwruler

Author:throwruler
古書店Throw Ruler運営中。
ここでは主に入荷する本のリストをご紹介します。
専用ショッピングサイトの他、ヤフオクとamazonに出店中。
リンク先はページ下部をご参考に。

Throw Rulerってどういう意味なのと聞かれても、こっちがききたいくらいだぜ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる