FC2ブログ

ハードボイルドならハメット、チャンドラー、マクドナルドあたりだろうか

チェスタトンのブラウン神父やセイヤーズのピーター卿の事件簿が創元推理文庫で新装版になってるけど、割と入手しやすいこれらの作品をなぜ再版するのかが疑問。欲しくなるじゃねーか!
これらの作家ならば他にもっと再版するべき作品があるだろうと思う。

ミステリーには様々なジャンルがあるけれど、ハードボイルドやサスペンスは作家も作品も数が多く、読むか読まないか、欲しいか欲しくないかの線引きがあいまいなっている。
商品として世に出ているのだから、作品の出来は水準以上であることは疑わないが、何をもって選り好みするかは完全に趣味に寄ってしまう。

サスペンスではとりあえずアイリッシュは読みたいと思うので、最近見かけたポケミスを買っておく。
野生の花嫁、自殺室、睡眠口座、聖アンセルム九二三号室、もう探偵はごめん、あたり。
翻訳者によると、アイリッシュは自宅を持たずにホテルで母親と暮らしていたようである。
そんなことしていたらホテル代がとんでもないことになるのではと思うが、売れっ子作家(という認識でいいのか?)であるためか、そこらへんへの言及はなかった。
十分な収入があったのだろう、さすがサスペンスの詩人は格が違う。

またまた最近の話で、フランク・グルーバーやホイット・マスタスンを個人用に買っておく。
両者とも初めて手にする作家で、グルーバーはともかくとしてマスタスンはこのときはじめて知った作家だった。
前者はユーモア・ミステリーで、後者はハードボイルドないし警察小説という感じだろうか。
こういう出会いから、趣味の見聞を広げていくのもいいかもしれない。

最近の入荷は以下な感じ。
数少なくない?と思うけど、一週間に一回のぐらいの更新だからこんな感じだろう。
実際はもっとあるけど、更新のために小出しするスタイルで行く。

鬼女伝説殺人事件(生田直親)
ある詩人への挽歌(マイクル・イネス)
スポンサーから一言(フレドリック・ブラウン)
近所の国のアリス(中原涼)
奮闘(ジョイス・ポーター)
逃げたロボット(レスター・デル・レイ)
ムーンシェイ・サーガ4(ダグラス・ナイルズ)
ファイナルファンタジー 勇者に栄光あれ!(井上尚美)
鉄道回文殺人事件(関口甫四郎)
幸いなるかな、貧しき者(ハドリー・チェイス )
うそつきロボット(アイザック・アシモフ)
プラーグの妖術師(友野詳/グループSNE)
物の怪(鳥飼否宇)
見えないグリーン(ジョン・スラデック)
語られると怖い話(赤木かん子編)
鏖殺の凶鳥(佐藤大輔)

創元推理文庫の旧装幀がいくつか手に入ったので、こっちを更新しておく。
それでもまだ40種類か。
まだまだもっと奇天烈な装幀があるだろうから、めぐり合わせに期待しよう。
スポンサーサイト



プロフィール

throwruler

Author:throwruler
古書店Throw Ruler運営中。
ここでは主に入荷する本のリストをご紹介します。
専用ショッピングサイトの他、ヤフオクとamazonに出店中。
リンク先はページ下部をご参考に。

Throw Rulerってどういう意味なのと聞かれても、こっちがききたいくらいだぜ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる