FC2ブログ

「時の娘」以外のジョセフィン・テイ

以前、論叢海外ミステリの「シャーロック・ホームズの栄冠」を購入しましたが、最近になって創元推理文庫で刊行されましたね。
いい本が手軽に入手できるのはいいことです。

最近ですが、論叢海外ミステリを含めた単行本を10冊前後手にする機会がありまして、フィールディングの「停まった足音」とかS・S=ヴァン・ダインの「ファイロ・ヴァンスの犯罪事件簿」とかを購入しました。ありがたい。
特に「停まった足音」は鮎川哲也の薔薇荘殺人事件で名前が出てくるのみで、長らくどころか70年以上の時を隔てて初めて翻訳されたという幻の作品です。
ヘクストの「誰がコマドリを殺したか」はすでに新訳が出てますので、あとはリン・ブロックの「ゴア大佐の推理」を入手するだけか。
こういうマイナーな海外ミステリーを出版してくれる出版社って、ほんといい仕事するものですね。

そんな中、一緒に購入したのがジョセフィン・テイの「裁かれる花園」と「魔性の馬」です。
この作家は「時の娘」で有名な作家ですが、この一作のみの知名度が高すぎて他の作品をあまり見かけないというもったいない作家でもあります。
実際私もそうですが、この2作が初めてのテイ作品であり、ここであらためて興味を持つことになりました。
「裁かれる花園」の原題はMiss Pym Disposesで、翻訳すると「ピム女史、裁きを下す」ですが、これを「裁かれる花園」と訳すると、なんとも謎めいたミステリーらしいタイトルではないか。

出版社と翻訳者の方には感謝です。

最近の入荷は以下に。
ヒューリックは欲しい

殺人者はへまをする(F・W・クロフツ )
未来世界へようこそ SFセレクション7
悪夢の呼ぶ声(福島正実)
略奪者の群れ(井上淳)
闇からの呼び声(高柳芳夫)
恐竜の国のアリス(中原涼)
拳聖情死行(阿木慎太郎)
人間喜劇(ウィリアム・サロイヤン)
首断ち六地蔵(霞流一)
レ・コスミコミケ(イタロ・カルヴィーノ)
パリ~ウィーン1902 ロードレースの華(高齊正)
虚栄の掟 ゲーム・デザイナー(佐藤大輔)
探偵小説辞典(中島河太郎)
赤後家の殺人(C・ディクスン)
柳園の壺(ロバート・ファン・ヒューリック)
ミクロの国のアリス(中原涼)
名探偵 木更津悠也(麻耶雄嵩)
ゴジラ(海原俊平)
宇宙への帰還(横山信義他)
セクカレの女(久根淑江)
スポンサーサイト



プロフィール

throwruler

Author:throwruler
古書店Throw Ruler運営中。
ここでは主に入荷する本のリストをご紹介します。
専用ショッピングサイトの他、ヤフオクとamazonに出店中。
リンク先はページ下部をご参考に。

Throw Rulerってどういう意味なのと聞かれても、こっちがききたいくらいだぜ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる