FC2ブログ

鍾乳洞殺人事件

発送方法を変更しました。
といっても注文の際にしていただくことが増えたわけではないのですが、一部出店先の商品ページの全書き換えがあり、この作業が一か月近くかかりました。
頻繁にはやりたくない作業量でした。

およそ二か月近くブログの更新がなかったため、入荷商品の履歴の一部が消失してしまったため、とりあえずわかっている部分だけ掲載することにします。
右下の「リンク」からメインサイトに飛んだ方がわかりやすいかも。

西城家の惨劇(志茂田景樹)
リコ兄弟(ジョルジュ・シムノン)
13のショック(リチャード・マシスン)
聖生活(佐々木守)
佐渡怨霊殺人事件(生田直親)
拝啓 名探偵殿(藤原宰太郎)
きょうも上天気 SF短編傑作選(大森望編)
宇宙船ビーグル号(A・E・ヴァン・ヴォクト)
無敵先生(小川忠悳)
真昼の侵入者(福島正実)
百億の昼と千億の夜(光瀬龍)
その夏は逝き(冬木格)
東京の優しい掟(佐藤大輔)
ガープス・リング★ドリーム(泥士朗と実験室)

先日、横溝正史翻訳コレクション (扶桑社文庫)を見つけたので個人的に購入しました。
本書にはケネス・デュアン(デュエイン)・ウィップルの鍾乳洞殺人事件とファーガス・フュームの二輪馬車の謎が収録されており、ヒュームの方も珍しいですが、ウィップルの作品が読めるということで、(ものすごく)貴重な本だと思う。

などと偉そうに書いてますが、私がウィップルの名前を知ったのはつい最近のことで、ルーン・レイクの惨劇が論創海外ミステリで出版されてからのことでした。
ルーン・レイクの惨劇の解説の一文に、ウィップルは日本では無名の作家だが、戦前に新青年の編集長だった横溝正史により、
「The Killings of Carter Cave」が翻訳されて新青年に掲載されたということを知り、その部分だけ記憶して本を(惜しみながら)棚に戻したのでした。

それから何日も経たない先日、本書を目にしたのですから買わないわけにはいきません。
横溝正史翻訳コレクションと銘打っているのですから、ウィップルについての予備知識がなくても手に取っていたとは思いますが、これぞいい買い物といったところでしょう。
原題を直訳すると「カーター洞窟の殺人」となりますが、昔の探偵小説らしく、なんでもすぐ~殺人事件としてしまうところも、かえって新鮮な気がします。
一度本として出版された作品の再版よりも、未翻訳の作品や雑誌にのみ掲載された作品の単行本化、文庫化の方がありがたく思えてしまいます。
ウィップルをはじめ、ロラックやナイオ・マーシュ、個人的にJ・J・コニントンあたりの作品は(一部に)需要があるのではないでしょうか。
スポンサーサイト



プロフィール

throwruler

Author:throwruler
古書店Throw Ruler運営中。
ここでは主に入荷する本のリストをご紹介します。
専用ショッピングサイトの他、ヤフオクとamazonに出店中。
リンク先はページ下部をご参考に。

Throw Rulerってどういう意味なのと聞かれても、こっちがききたいくらいだぜ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる