FC2ブログ

自分が買ったお気に入りの本を紹介するだけのブログになったなぁ

晶文社の「探偵小説十戒」があったので買っておく。(あの分厚いやつね)
ノックスといえば例の十戒で好き勝手なことをまくしたてていた作家、というか聖職者だが、ヴァン・ダインの二十原則と同様、推理小説における重要な指針であると考えたことはない。

以前読んだ本(何の本かは忘れた)に、江戸川乱歩や井上一夫(井上良夫だったかもしれない)といった作家・翻訳家がこれら概念が翻訳された際、推理小説におけるセオリーとしての価値はあるが、書いてあること自体は今更言われるものでもないと批評していた。
また、あの有名な「虚無への供物」でもこれらの十戒や二十原則が作中に登場していたと記憶しているが、そもそもこの原則に沿って話を進ませること自体に違和感があった。
二十原則ではこれはNGだからこの説はなしね、といった会話が久夫(だったか?)のセリフであった気がする。
メタフィクションを前提とした定義を、小説の登場人物が引用するという構図はどうなのよ、とは考えたことはあった。

まあなにはともあれ、なんだかんだで珍しいので本書の存在はもちろん知ってはいた。
そんな珍しいモンが手に入ったのだからうれしいに決まっている。

この手の本はいつ東京創元社か論創社あたりが再出版するかわからないので、買うときは若干躊躇する。
だがそんなもん気にしても仕様がない。


本書はノックスが編集した原書版を再編集したもので、本来であれば20編収録されていたものを7編削除して、編者の有名な短編「動機」を加えた全14作となっている。
この辺りに特に不満はないが、できれば削った7編を解説で紹介してくれれば完璧だった。

さらに欲を言うなら原書のまま翻訳してくれても問題なかった。
「37の短編」のようにティッシュ箱ぐらいの厚さでも全然かまわない。
売れるかどうかは別の話だが・・・。


ではさてどんな作品があるのかと目次を見れば、その多くが初めて目にする作家ばかりである。
別にクイーンだのカーだのバークリーだの、お決まりの作家が入っているとは思ってなかったが、収録作のほとんどが初めて翻訳されたものなのではと感じてしまうようなものばかりだ。

付けぼくろ J・D・ベレスフォード
山の秘密 C・ボベット
開いていた窓 K・R・G・ブラウン
毒薬の瓶 バーナード・ケープス
火曜ナイトクラブ アガサ・クリスティー
死の日記 マーティン・カンバーランド
誰がカステルヴェトリを殺したか ギルバート・フランコウ
夕刊最終版 ケルマン・フロスト
ガーターの夜 アーサー・ホファム
「セブン」の合図 ジョン・ハンター
犯罪の芸術家 デニス・マッケイル
圧倒的な証拠 バロネス・オルツィ
ラングドン事件 グラディス・セント・ジョン=ロウ
動機 ロナルド・A・ノックス

クリスティーとオルツィぐらいしか知らねぇ・・・。
解説によると、収録作家の多くが歴史小説やロマンス小説等の推理物以外の分野を主に執筆しており、時折推理小説も書いていたそうである。
ここで不思議に思うのが、(あの十戒で有名な)ノックスが推理小説家以外の作家ばかりで構成されるアンソロジーを編集したということだ。
ノックスが十戒をどのような心理で提示したかは不明だが、少なくとも本格推理的なフェア精神を主張したものと私は考えている。
そうであれば、例えばクイーンのような本格推理作家から選ぶのが自然であると思うが、なぜか選ばれたのが非推理作家ばかりである。

ミステリーは論理性やトリック等の制約が多々あるためか、作家として生活していかなければならない専門作家よりも、いいトリックを思いついたときだけ書けばいい専門外の作家の方ができのいい作品が多い、というケースもあるので一概には判断できない。
国内作家であれば山澤晴雄や天城一等がいるが、海外作家はただでさえメジャーな作家以外は紹介されていない場合の方が多いと思われるので、このケースに当てはまるかどうかはわからない。

後、このくだりは以前どこかで書いた気がする。もし見かけたら「こいついつも同じないようのことばかり書いてるな」と笑ってやってください。

あともうちょいい書くよ。
スポンサーサイト



QさんとはOさんのことかと

もう何か月も前の話だが、ようやくチャンドラーの「長いお別れ」を読み終える。
個人的にハードボイルドにそれほどこだわりはないが、やっぱり知名度的に読んでおきたかった。
感想は一言、...いい作品だった。
「ギムレットには早すぎる」という有名なセリフが本作に登場するが、お前が言うのかと。
てっきり夕暮れ時のバーで女からの誘いを断るとき使うようなムーディスティックな場面を想像していたが、まさかあの人物の言葉から聞けるとは...。

チャンドラー初心者としての本作の印象は、文字やセリフの言い回しや描写の仕方が、読者の情緒に訴えることを念頭に書かれているように思える。
また、主人公であるフィリップ・マーロウの心理描写がほとんど、というよりまったくないようにも思える。(気のせいかもしれないが)
ハードボイルドとは、よくボイル(茹でた)した卵のことを言うらしいが、作中に登場する主人公以外の登場人物の心情に惑わされない、または左右されない芯の強さ(固さ)がよく表現されているように思う。
レノックスがマーロウの家を訪ねた時も、留置所に数日間ぶち込まれた時も、マーロウがどのような心理であったかは描写されていなかった。
また、すべて忘れろという手紙を読んだ後に、本当に忘れて別の事件を引き受けるという話の進展は、日本人作家であれば絶対に書けない展開であろう。
国内作家であれば、友の無念を晴らすというストーリーになるのは想像に難くない。
だからこその最期のあの場面が生きてくるような気がする。
気がする気がするという曖昧な表現ばっかり使ってしまったが、感想なんてものはこんなもんだろうと逃げ道を作っておこう。

そんなこんなで次は何を読むかと思案していたところ、日本探偵小説全集1にしたが、黒岩涙香の「無惨」がまあ読みにくい!
涙香の作品は以前に「幽霊塔」を読んでいるが、それと比肩どころか圧倒的過ぎるほどの読みにくさだ。
まあ、書かれた時代が時代なのだから仕方がないし、それが長所でもあると考えているが、ページをまたぐたびに睡魔が押し寄せてくるのは堪える。
句読点がないためか区切る場所がわかりにくいのが難点だ。

入荷は以下に記す。

凶銃ルーガーP08(大藪春彦)
ドラゴン殺人事件(S・S・ヴァン・ダイン)
機動警察パトレイバー 風速40メートル(伊藤和典)
The Great Adventures of Dirty Pair(HARUKA TAKACHIHO)
霧ホテル(赤江瀑)
薔薇への供物(中井英夫)
薔薇色翠星歌劇団(宝野アリカ)
聖剣伝説 レジェンドオブマナ あまたの地、あまたの人(細江ひろみ)
ファイナルファンタジー2 夢魔の迷宮(寺田憲史)
伯母殺人事件(リチャード・ハル)
押川春浪回想譚(横田順彌)
魔法の国が消えていく(ラリー・ニーヴン)
早瀬未沙 白い追憶(大野木寛)
魔像 林不忘傑作選6(林不忘)

そういやTwitterに大坪砂男がランキング入りしていたので、調べたらそういうことかと。
大坪砂男は佐藤春夫に弟子入りしたためか、探偵小説に文学要素を取り入れるという困難というか迷惑なことを進んでしていたという。
そのくせ、プロットを文字にすることに恐怖していたと弟子である都筑道夫から暴露されていたので、本人も相当思い悩みながら作家活動をしていたのだろう。
また、ある人物の短編にケチをつけて入賞を妨害したことがあるらしく、1960年日本推理作家協会賞の大下宇陀児、城昌幸、高木彬光各選考の評を読めば、文学派という視点から本格物に敵意を持っていたことがわかる。
他にも、宝石に掲載された作品を酷評したりと、ことごとく意地の悪さが目に付く作家であるが、何か嫌いになれない作家なのよねー。
あと奇術研究家の阿部徳蔵の甥らしいのだが、いまだに確証がないところをみると、謎は永遠に謎のままなのだろうな。

ドゥーゼとビーストン

妹尾アキ夫翻訳コレクション「至妙の殺人」(論創海外ミステリ)が出ていることを知る。
ここに翻訳されているのがビーストンというのだからそりゃ興味持つだろうという話だ。

私にとってビーストンとドゥーゼは名前しか知らない作家であるが、それは安易に読むことができないからであると苦しい言い訳をしておく。(青空文庫的なものがあるのかは知らん)
一度、「世界推理小説大系5 チェホフ・ドゥーゼ」(東都書房)を見かけたことがあるが、結局手が出せなかった。
ここに収録されているのが、チェーホフの「狩場の悲劇」とドゥーゼの「スミルノ博士の日記」なのだから、どのようなコンセプトで作品を決めたかがわかろうというものだ。

ビーストンとドゥーゼは戦前に多くの翻訳が出されており、江戸川乱歩をはじめとする作家や翻訳家が紹介していたことは知っていた。
しかし、これら作品を読むには当時の雑誌を求めなければならないという現状から、この両作家に対する世間の需要はまったくないと考えるほかはないだろう。
昔の作品だから完成度こそ高くはないが、当時一世を風靡したということは事実なのだから、古典として認めることに異議を唱える者はいないはずである。
そんななか、新訳でなく当時の訳で出版されることに大きな意義があるように思う。
偉そうに言ってはみたが、ビーストンとドゥーゼがどんな作家だったのかについて知らないので、手元の資料(光文社の新青年傑作選等や中島河太郎の探偵小説辞典)でこれら作家を調べてみる。

S・A・ドゥーゼ(サミュエル・オーガスト・ドゥーゼ)はスウェーデンの作家。
小酒井不木が知人に紹介された結果として翻訳されるに至る。
南極探検家でもあったらしく、本国での人気はフランク・ヘルラーやスヴェン・エルウエスタットと比肩。
このフランク・ヘルラーはおそらくフランク・ヘラーのことだと思われるので、ヘラーの作品を読んでいた(時期は不明だが)江戸川乱歩も好意的に迎えてたものと思われる。
ドゥーゼの作品で最も有名なのが「スミルノ博士の日記」(1923年翻訳?)であり、「アクロイド殺人事件」で有名な叙述トリックの先駆けとされているが、マスロフスキーなる人物によると、エルウエスタットにも同様の趣向を凝らした作品があるらしく、しかもそちらの方が先に書かれていたらしい。
そうなると叙述トリックの先駆けはエルウエスタットとなるが、なんという作品であるかは不明なのでどうしようもない。

どなたかここにエルウエスタットを研究されている方はいらっしゃいませんかー!

長編は以下が翻訳されている。
夜の冒険
毒蛇の秘密
生ける宝冠
スペードのキング
四枚のクラブの一

これらはおそらく短編か中編
名探偵
三発の射撃
三三二号の箱
モデル
夜の謎
十七歳のエルザ

今更であるが、なぜビーストンだけでなくドゥーゼも取り上げたかというと、どちらも「昔は多く翻訳が出ていたが、今では忘れ去られた作家」だからである。
そんな作家は探偵小説家に限っても星の数ほどいるが、私の中でその最たるものがドゥーゼとビーストンなのである。

L・J・ビーストンは経歴不明のイギリスの作家。
翻訳当時はもてはやされた流行作家であるが、上記のように最近になってようやく刊行されたという点を見ると、これだけ多種多様の作品があふれかえる現在ではイマイチ味気ない作家という位置づけになっている。
論理的でない作風が多いためか、本格探偵小説が少なかった当時では貴重であったが、現在では娯楽小説作家以上の価値は見いだせないとのこと。
クイーンが編集した「短篇書誌」に、マッカレーとビーストンがないことに疑問を持った江戸川乱歩がその旨を編者に伝えたことがあり、返信はなかったが翌年のEQMMに突如ビーストンが取り上げられたという逸話がある。
クイーンはなぜビーストンを突然取り上げたのか、その背景に乱歩の影響はあったのか、今では誰も知ることはない。

もっとも有名な作品が「マイナスの夜光珠」だろうか。
パイプ
シヤロンの灯日
ヴォルツリオンの審問
死者の手紙
東方の宝
三百三十三号室
盲目の猛犬
シヤロンの淑女
闇の手
悪漢ヴォルシヤム
過去の影
愛してはならぬ女
無慈悲な懺悔
人間表
約束の刻限

間牒
決闘用の拳銃
緑色の部屋
夜の静
緑色の人魚
一月二百磅
星の私語
決闘家倶楽部
浮沈
廃屋の一夜
クレッシングトン夫人の青玉
形見の猫目石
十万磅
黄昏
悪魔の笑ひ
真鍮の燭台
二枚の肖像画
めくら蜘蛛
子守唄
四人の滞在客
なさけ
軋る階段
懺悔の石
プラーグの三人娘
地球は硝子
深夜の客
深夜の晩餐
赤い窓掛
マーレイ卿の客
地獄の深淵
旧悪
幻の遺書
薔薇と菫
幽霊階段
地底の金塊
虎の顎
二通の封筒
慰謝料一万磅
ダイヤのジャック
霧雨の夜の唄
出獄の日の出来事
脅迫
決闘
洞窟の蜘蛛
頓馬な悪漢
鬱陶しいプロログ
夜の雨
五千ポンドの告白
犯罪の氷の道
生の緊張
闇の中の女
留針
ビライスキイ侯爵の懺悔
不知火

「磅」はポンドと読む。
重さの単位でもあるが貨幣の単位でもある。
タイトルに使われている意味は貨幣の方だろう。(多分)

とにかくビーストンの作品が読めるのはうれしい。
ドゥーゼも顧みられるとなおのことうれしい。

入荷は以下。
全然更新してねえな。

疑惑の果て(カトリーヌ・アルレー)
影なき男(ダシール・ハメット)
黒衣夫人の香り(ガストン・ルルー)
ロカノンの世界(アーシュラ・K・ル・グィン)
不屈の女神 ゲッツェンディーナー(菅浩江)

神麻嗣子=綾里春美?

8年程前の話になるが、西澤保彦の「解体諸因」を手にしたことがあった。
この作品はバラバラ殺人をテーマにした連作小説で、不可能犯罪の目白押しという評判を聞き、前々から読んでみたいとは思っていた。
トリックはかなり大雑把でいかにも新本格といった都合の良さが目立ったが、作品全体から漂うエンタメ性は嫌いではなく、むしろ面白おかしく読ませてもらった。
その後、同じ作家の「幻惑密室」を偶然見かけ、解体諸因が面白かったという理由だけで特に内容には触れず読んでみることにした。
読み終えた後、本作の主人公である神麻嗣子が、逆転裁判に登場する綾里春美に似ているということに気付いた。
(作品自体は幻惑密室の方が先だが)

以下の共通点がある。

1見た目が幼い
神麻嗣子はある国家機関に籍を置くエージェントであり、いわば超能力で悪事を働く犯罪者を捕まえる警察官のような存在である。
そのため年齢は成人を超えているはずだが、見た目は中学生ぐらいにしか見えない。
一方、綾里春美は(多分)小学生であり、見た目云々以上にただ単に子供である。

2和風の衣装
神麻嗣子は振袖を着ている。
それが仕事上での正規の服装であるかは定かではないが、和を基調としたいでたちをしている。
綾里春美は振袖ではないが、霊媒師の卵(?)であるためか和風の衣装を身につけている。
 
3特殊能力について
神麻嗣子は超能力者ではないが、補導する相手が超能力者であるため、超能力を使用したことを証明するための多くの道具を所持している。
一方、綾里春美は霊媒師の家系であり、実際に霊媒もする。
前者は本人には能力がないが、それにかかわる職種かつ道具と関係しており、後者は本物の霊能力者である。
弁護士成歩堂龍一がサイコ・ロックを見ることができるのも、春美のおかげである。

4恋愛感情について
神麻嗣子は主人公であるが、探偵役は作中の書き手でもある売れない推理作家である。
ある事件でその作家が殺人事件の犯人とされていた時、こっそりと捜査に訪れていた神麻嗣子と出会い、自身の容疑を晴らすとともに、彼女の手助けをしたことで双方は知り合うことになった。
その後、神麻嗣子は何度かこの作家のもとを訪れており、よき協力者として頼っているという現状にある。
また、この作家には好意を抱く女刑事がおり、この両者の関係を神麻嗣子は応援している。
本人もこの作家に対して友人や協力者以上の感情を抱いているようである。
一方、綾里春美は、成歩堂龍一とその助手である綾里真宵が両想いであると勘違いしており、成歩堂にもっと強くアピールするよう発破をかけている。
また、春美本人も成歩堂に懐いており、真宵不在時にはその助手を務めている。

とまあこんな感じだろうか。

列挙して考えてみると、似ているといえば似ているが似てないといえば似てはいない。
先に手にしたのは逆転裁判であるためか、似た雰囲気を持つ神麻嗣子を主人公とするチョーモンインシリーズに愛着を持ったのかもしれない。

何が言いたいかというと、どっちも面白いぞということだろうか。

以下は最近の入荷。
怠けているせいか、更新が月一になりつつある。
しかし特に反省の色ははない。

鉄の花を挿す者(森雅裕)
砂漠の標的(ギャビン・ライアル)
祖国なき男(ジェフリー・ハウスホールド)
ハードボイルド風に生きてみないか(生島治郎)
言の葉の樹(アーシュラ・K・ル・グィン)
吹雪の虹(光瀬龍)
蟹工船 一九二八・三・一五(小林多喜二)
トラップ・コレクション(安田均/グループSNE)
人間がいっぱい(ハリイ・ハリスン)
さよならは2Bの鉛筆(森雅裕)
遙かなる沖田総司(森満喜子)
荊棘の冠(里見弴)
鬼女伝説殺人事件(生田直親)
伯母殺人事件(リチャード・ハル)
高橋名人のBugってハニー(塩田信之)
永い後日談のネクロニカ・リプレイ(神谷涼)
真説金田一耕助(横溝正史)
卑弥呼暗殺(山村正夫)
羊の物語
灼熱のサファリ(大藪春彦)
赤後家の殺人(カーター・ディクスン)
子鼠ニューヨークを侵略(レナード・ウイバーリー)
夢みる宝石(シオドア・スタージョン)
迷走皇帝(梅原克哉)
雪女の棲む館(森真沙子)
騎士の盃(カーター・ディクスン)
一瞬の敵(ロス・マクドナルド)
泥棒が1ダース(ドナルド・E・ウェストレイク)

実は逆転裁判は3まで、チョーモンインは幻惑密室しか読んでいないというのは内緒だ。

柳香書院と国書刊行会

ナイオ・マーシュの「ランプリイ家の殺人」を見かけたので購入。

J・T・ロジャースの「赤い右手」やデイリーキングの「タラント氏の事件簿」にような一部の作品は文庫化して比較的見かけるようになっているが、ナイオ・マーシュやグラディス・ミッチェルあたりだと単行本留まりの印象が強いというかそれが現状といったところ。
そもそもこれら作家や作品は、最近になって翻訳されたものが多いので、求める読者はそういう事情を知ったもの好きであることは否定できない。
「ランプリイ家の殺人」もその一例ということになる。

作品自体はまだ読んではいないが、月報に鮎川哲也のエッセイが載っている。
A・フィールディングの「停まった足音」の解説と多少重複するが、国書刊行会に対し柳香書院の二の轍を踏むなと述べている。
鮎川哲也自身、作品の出来の良し悪しよりも、それら作品に対する興味の方が勝っているのだろう。
珍品に対する憧憬には同調も禁じ得えず、このあたりは当時を生きてきた者だからこその心境といえるだろう。

柳香書院は戦前に存在した出版社だが、海外探偵小説30作品を翻訳して出版する予定だったところ、5冊出版されたところで企画が頓挫したという。
その30作にはクリスティやクイーンといった今ではメジャーな作家も含まれていたが、最近になってようやく翻訳された作家や、現在でも気軽に読めない、または名前のみ知られるといった作家、もはや誰だよといった作家が多く名を連ねていた。

例を挙げると、

ハリントン・ヘキスト「誰が駒鳥を殺したか」
A・フィールディング「停まった足音」
リン・ブロック「ゴア大佐の推理」
フィリップ・マクドナルド「鑢」
アントニイ・バークリイ「ウィッチフォード毒殺事件」
ロジャー・スカーレット「エンジェル家の殺人」
S・A・ステーマン「六死人」
アーサー・リース「闇の中の手」
ミニヨン・G・エバハート「暗黒の階段」
テンプル・エリス「矛盾する悪人」
ワルター・ハアリヒ「妖女ドレッテ」
フランク・ヘルレル「皇帝の古着」
ストラハン「牧場の怪事件」
ノイズ・ハート「ベラミイ事件」

といったところ。

色物希少な作品がひしめき合っていると想像するだけでも楽しい。
特に最後の3名に関しては名前すら聞いたことすらなく、ストラハンにいたってはフルネームさえもわからないので汗顔の至りである。
これら作品の選考には、海外作品に造詣の深い江戸川乱歩や翻訳家の井上良夫らが行ったというのだから、作品としてのレベルは水準以上であることが予想される。
オースチン・フリーマンの「鸚鵡」やジョン・ロードの「プレード街」あたりはイマイチだったと鮎川哲也が述べているが、私としてはどんなに出来が悪かろうと読めればそれだけで十分なのだが。

選考された30作品の中で、クリスティは「十二の刺傷」と「スタイルズ」、クイーンは「X」と「Y」で2作品ずつ、フィルポッツにいたっては「赤毛」「闇から」「駒鳥」と3作品もあるので、フィルポッツ作品を高く評価していた江戸川乱歩の贔屓があったようにも思える。
しかしヘキスト=フィルポッツを知っていたかは不明なので何とも言えない。

たしか、江戸川乱歩の蔵書の中に「アーサー・リース」「テンプル・エリス」と並んで「フランク・ヘラー」という作家の本があったような気がする。
フランク・ヘルレルとフランク・ヘラーは似ているが別物なのだろうか。

最近の入荷は以下。
ジョン・クリーシーの「トフ氏と黒衣の女」を購入したが、暑くて読んでられない。

小鼠月世界を征服(レナード・ウイバーリー)
タイム・トンネルの冒険(レスター・デル・レイ)
手塚治虫COVER エロス篇(デュアル文庫編集部編)
サンダーロード(鳴海丈)
誇りへの決別(ギャビン・ライアル)
映画「キューティーハニー」小説版(鴉紋洋)
魔界の盗賊(マイクル・シェイ)
真昼の侵入者(福島正実)
影の護衛(ギャビン・ライアル)
銃、ときどき音楽(ジョナサン・レセム)
時の顔(小松左京)
ダンピール狩り 吸血鬼ハンター外伝(朝川ユウキ)
竜の哭く谷 夢語り詩1(妹尾ゆふ子)
パワー・オブ・ドリーム(前田日明)
挑戦者(大藪春彦)
地獄に堕ちた者ディルヴィシュ(ロジャー・ゼラズニイ)
小説現代新人賞篇 文学賞受賞・名作集成8
栄光のトライ(馬場信浩)
支那扇の女(横溝正史)
暗黒星雲(フレッド・ホイル)
ドラッグオンドラグーン(愛沢匡)
巨神兵を倒せ!(下村家恵子)
バラバの方を(飛鳥部勝則)
ラヴクラフトの遺産
橡家の伝説(佐々木丸美)
季題体験(戸板康二)

ジョン・ロードは退屈一派と揶揄されているらしいが、本当にそうなのだろうか?
プロフィール

throwruler

Author:throwruler
古書店Throw Ruler運営中。
ここでは主に入荷する本のリストをご紹介します。
専用ショッピングサイトの他、ヤフオクとamazonに出店中。
リンク先はページ下部をご参考に。

Throw Rulerってどういう意味なのと聞かれても、こっちがききたいくらいだぜ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる